投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

2021年3月22日(月)

 昨日、TOHOシネマズ池袋で2回目の『 シン・エヴァンゲリオン劇場版 :|| 』を見た。宇多田ヒカルの『 One Last Kiss』『 Beautiful World (Da Capo Version)』を続けて聴くとグッとくる。

2021年3月21日(日)

 女性に一緒に住もうと言われても出ていってと言われても私は基本的に NO と言わないので、上京してからの約 20 年間に何回引っ越したか分からないくらい住まいを変えてきた。というと付き合う女性がころころ変わってきたような書き方だが、そんなことはなく、出ていけと言われて「分かりました」と言ったところで行くあてがなく、人の家に転がり込んだり適当な仮の住まいを借りたりしてきたからで、付き合ったのは 4 人だ。  以前、住んでいる家を追い出されたとき、家を出る以前から相手と男女の関係ではなくなっていたため、相手には彼氏ができていたのだが、相手が名前のある人物でさらには二股をかけられている期間があったことが発覚した。すでに女性に対して気持ちはまったく残っていなかったのでどうでもよかったのだが、家は追い出されるわ子供には会えなくなるわで散々な状況にもかかわらず、女性からは興味もない恋愛相談までされて腹が立った。よくもまぁそんな厚かましい相談をできるものだ。しかも、その男は SNS で「正義」の立場から人を叩くのがお家芸という人物だったので、「正義を振りかざしておいて、言ってることとやってることが違うじゃねぇか」と思い SNS で絡んでしまった。  結果は、身に覚えがないとしらばっくれられ、根も葉もない言いがかりをつけるキチガイ扱いをされて終わった。身に覚えがないと返された時点で「ふだん正義ぶって吠えまくってるくせに間男の上に嘘つきか」と冷めてしまい反論はしなかった。その際、ツイートでは「潔白だと、胸を張って言える」とか大げさなことを言いながら DM では「本当に身に覚えがないんです …… 」とちょっと声が小さくなっていたことにも冷めた。それに、そのときの女性というのが虚言癖で浮気性というのもあって、きっと彼には俺の存在は隠して付き合っていたと思う(過去の浮気相手もそのパターンが多かった)。もしそうなら変な女に引っかかって知らず知らずに間男にされたことになるし、その女性自体、身に覚えがないと言ってなかったことにしたくなるような女性だったというのは否めない。  それより、私としては彼に対してより、どちらかといえばどこの馬の骨か分からない自称イラストレーターが「著名人に絡むこういう輩には困ったもんだ」とか長文でツイートを連投して「こういう輩」の分析を垂れ流していたことに腸が煮えくり返